Nishioteenスカウティング担当の西尾氏が、今回発掘してきたのは、19歳にして大女優になることが約束されている「大友花恋(おおともかれん)」さんです。

引用元:Instagram

ミスセブンティーン2013グランプリを獲得している「大友花恋」さんについての調査結果をまとめました。

この記事をご覧いただき、ぜひあなたも一緒に応援していただけると嬉しいです!

ぜひ、twitter、Instagramもフォローしてあげてください!
大友花恋 twitter公式アカウント
大友花恋 Instagram公式アカウント

スポンサーリンク

大友花恋の情報まとめ【インスタ・画像・人柄・家族・実家・19歳】

大友花恋(おおともかれん)さんは、19歳にして将来大女優になることが約束されているといわれています。

引用元:Instagram

その理由は、以下のとおりです。

  • 所属事務所が研音である
  • 全国サッカー選手権の応援マネージャーに就任した経験がある
  • ミスセブンティーングランプリを獲得している
  • 家族を大切にしている

これらの条件は、過去に数々の大女優たちが辿ってきた王道のルートなのです。

大友花恋(おおともかれん)さんは、群馬県高崎市出身で1999年生まれの若手女優で、『Seventeen』の専属モデルとしても人気を集めています。

引用元:Instagram

実家は牛乳屋さんを営んでおり、一度もケンカしたことがない両親と溺愛する妹と弟と共に、穏やかな家庭で育ちました。

Seventeenの専属モデルになる前は、「JSガール」という雑誌で読者モデルをしていました。

その後、雑誌「Seventeen」の専属モデルオーディション「ミスセブンティーン2013」に応募し、グランプリを獲得します。

これがきっかけで、現在の事務所「研音」のオーディションを受けて合格し、女優としても活動をスタートさせることになります。

このタイミングで本名の「大澤花恋」から「大友花恋」に改名しています。

引用元:Instagram

研音には、山口智子、片瀬那奈、りょう、天海祐希、榮倉奈々、成海璃子、志田未来、川口春奈、などの若手から大御所の女優が所属しています。

この中に入れるということは、女優としてかなりのポテンシャルを秘めているということですね。

ちなみに、大友花恋さんは最近カフェラテが飲めるようになり、「私も少し大人になりました!」と語っており、女優としても人間としても、まだまだ伸びしろが無限にあることが伝わってきます。

地元の高校に通いながらの芸能活動

大友花恋さんは、中学生の頃からモデルや女優として活動しており、普通なら東京の高校に通うところを地元の高校に進学しました。

高校は、高崎経済大学付属高校です。

引用元:Instagram

これによって、3年間、群馬県の高校生活と東京での芸能活動の両立という、かなりハードな生活を強いられることになりました。

東京での仕事が遅くに終わっても、次の日はしっかり朝から登校して、課題もしっかり提出していました。

普通の10代ではすぐに根を上げてしまいそうな生活ですが、これをま3年間も続けられるのですから、相当な精神力の持ち主であることが読み取れます。

ちなみに、地元の群馬から東京までは往復4時間もかかっていました。

引用元:Instagram

しかも、お弁当は毎日自分で作っていたというのだから、本当に驚きです。

さらに、この時期のことを「仕事も学校も好きなことをたくさんできた贅沢な3年間だった」と語っています。

こんな10代の女の子がいるのか!?というくらい本当に素敵な女性です。

スポンサーリンク

全国高校サッカーのマネージャーに就任

大友花恋さんは、2016年の「第95回全国高校サッカー選手権大会」の第12代目応援マネージャ-に就任しました。

堀北真希、広瀬すず、永野芽郁などの若手人気女優たちが辿ってきた同じ道を、大友花恋さんも辿ることになります。

引用元:Instagram

全国高校サッカーのマネージャーに就任すれば、将来が約束されたも同然です。

実際に翌年の2017年にテレビドラマ「あなたのことはそれほど」に出演するなど、人気女優としての階段を着実に上っています。

大友花恋の実家は牛乳屋さん

大友花恋さんの実家は牛乳屋さんです。

毎朝、実家の牛乳を飲んで育ってきました。

引用元:Instagram

モデルとしてのスタイルをキープするために運動やストレッチに加えて、牛乳を飲むという習慣を身につけていました。

スポンサーリンク

大友花恋の家族構成

大友花恋さんの家族構成は、父親、母親、妹、弟、本人の5人家族です。

両親とはケンカをしたことがないなど、家族はとても仲が良く、ディズニーシーに家族で出かけるのですが、家族全員でお揃いのTシャツを着て行くほどです。

めちゃめちゃ良い家族です。

引用元:Instagram

10代でこれほどの活躍ができるのは、まわりで大友花恋さんを支える家族の強力なサポートがあってのことだということですね。

さらに、大友花恋さんはお父さんが大好きで、パーフェクトなパパだと公言しています。

普通の家庭では、父親と娘の間では思春期に色々あるものですが、それが一切なかったというのですから父親としては最高ですね。

引用元:Instagram

もちろん、お母さんとも仲良しで、大友花恋さんにとってお母さんは芸能界への道を後押ししてくれている人であり、積極的なサポートもしてもらっています。

お母さんと鎌倉デートをしたり、母の日には兄弟と一緒にプレゼントを渡したり、お母さんをすごく大切にしています。

大友花恋が芸能界に入ったきっかけ

大友花恋さんは、幼稚園の頃にテレビに出ている芸能人をみて、かっこいいと思ったのがきっかけで芸能界に興味を持ち始めます。

引用元:Instagram

芸能界入りを本格的に考えたのは、よく読んでいる雑誌で読者モデルを募集しているのを見た時でした。

その後、大友花恋さんは小学6年生の時に芸能事務所に入りたいと決意して、お母さんにそのことを伝えます。

それを聞いたお母さんは事務所を調べてくれて、現在の所属事務所「研音」を見つけてくれました。

引用元:Instagram

「この事務所に入れなかったら、芸能界は諦めようね」という条件で、お母さんは大友花恋さんにオーディションを受けるように勧めてくれます。

そして、大友花恋さんはこのオーディションに合格します。

ここから大友花恋さんの芸能人としてのキャリアがスタートしていきます。

大友花恋が女優を目指したきっかけ

大友花恋さんは、小さい頃からお母さんが見ているテレビドラマを一緒になって見ていました。

引用元:Instagram

最初に真剣に見たテレビドラマは「小公女セイラ」で、お姫様系の話がもともと好きで、そんな中でもお嬢様が貧乏になってしまうストーリーにときめきを感じ、自分もこんなストーリーの中で芝居をして見たいと思うようになりました。

ほかには、湊かなえの作品も好きで、「夜行観覧車」にかなりハマっています。

もともと湊かなえの本自体が好きで、ミステリーはあまり好きではないが、湊かなえの作品は特別だと語っています。

大友花恋の交友関係

大友花恋さんは、永野芽郁、北川景子、新木優子などの大女優さんたちと交流があります。

スカウティング担当が大友花恋を発掘した理由

私は、2014年『Seventeen』の専属モデルとなった彼女を見たときから、幼さの中にしっかり意志の強さを感じました。

引用元:Instagram

それから毎回、メッセージ性の強い彼女の表情に魅了されています。

これから多くの作品に出て、先輩女優と接することで、スポンジ素材のように表現力や覚悟を身につけてほしいです。

遠くない未来に、朝ドラヒロインをつとめると思っています。

次世代を代表する女優として、ぜひ記憶に残して頂きたいオススメの一人ですね。

ぜひ、twitter、Instagramもフォローしてあげてください!
大友花恋 twitter公式アカウント
大友花恋 Instagram公式アカウント

大友花恋のプロフィール

引用元:Instagram

名前:大友 花恋(おおともかれん)

本名:大澤 花恋

生年月日:1999年10月9日

出身地:群馬県高崎市

身長:162 cm

血液型:A型

職業:女優、ファッションモデル、タレント

所属事務所:研音

出演映画:『悪夢ちゃん The 夢ovie』『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』『君の膵臓をたべたい』

出演ドラマ:『悪夢ちゃん』『恋仲』『チア☆ダン』『あなたの番です』

受賞歴:ミスセブンティーン2013 グランプリ、BLOG of the year2016 優秀賞

趣味:読書

ぜひ、twitter、Instagramもフォローしてあげてください!
大友花恋 twitter公式アカウント
大友花恋 Instagram公式アカウント

大友花恋さんのほかにも、可愛すぎる10代の若手女優の調査結果をまとめてあるので、ぜひそちらもご覧ください。

スポンサーリンク
おすすめの記事