スポンサーリンク

沢口愛華は新世代グラビアクイーン

沢口愛華さんのキャッチフレーズは「愛知に咲いた愛の華」です。

女優になるのが子供の頃からの夢だった沢口愛華さんが、憧れている女優は高畑充希さんで、いつの日か共演することが目標です。

沢口愛華さんは現在、アイドル活動のほか、女優としてのドラマ出演、広告のイメージガール、ヤングマガジンやFRIDAYなどの雑誌へのグラビアなどの活動をしています。

キュートな容姿と、身長154㎝でバスト88・ウエスト60・ヒップ85という抜群のプロポーションにより、グラビア業界からも注目を集めています。

2019年3月には、1st写真集「でらあいか」を発売し、オリコン週間ランキング第5位にランクインしています。

写真集には、弾けるボディを水着に押し込んで、プールや海辺ではしゃいでいる姿や、日常の学校生活をイメージした制服姿やスクール水着姿が掲載されており、16歳の沢口愛華さんの魅力が詰まった作品になっています。

「新世代グラビアクイーン」の名を欲しいままにする沢口愛華さんの1stカレンダー(2020年版)も必見で、等身大のあどけなさが残る笑顔から魅惑の表情までを網羅した作品になっています。

沢口愛華の苦悩を救ったのはdelaのメンバー

沢口愛華さんが、芸能界に憧れたきっかけは、お母さんの影響で知った「E-girls」でした。

「歌もダンスも上手くてすごい」と憧れており、特にオーディション期間から見ていた鷲尾伶菜さんが好きで、自分もこういう人間になりたいと思っていました。

小さい頃から歌が好きだった沢口愛華さんが「歌を自分の武器にしよう」と思ったのは、家族でカラオケに行った時に「最近、歌うまくなった?」と言われて、それが嬉しかったのがきっかけです。

その後、delaに5期メンバーとして加入するのですが、当時の沢口愛華さんは中学3年生という本格的な受験時期だったので、まわりが受験勉強をしている中で、自分だけ道を逸れていっているのが不安で、とても複雑な思いがありました。

気持ちの整理ができずに苦悩と戦っていましたが、親や友達にはアイドルの経験がないので、誰にも相談することができず、中学生ながらに色々なことを考えていました。

その時に救ってくれたのが、delaのメンバーです。

delaに加入した当初の沢口愛華さんは人見知りでメンバーともあまり話せなかったのですが、先輩がミスマガにエントリーする時に1人だけだと不安だということで、メンバーが事務所に「沢口も!」と推薦してくれたのがきっかけで打ち解けるようになりました。

メンバーのみんなが、アイドル活動と高校生活のことで落ち込んでいるときに励ましてくれて、ミスマガグランプリを受賞したときもすごく喜んでくれました。

苦悩を抱えながらも、ミスマガジングランプリという栄光を勝ち取ることができた背景には、delaのメンバーが沢口愛華さんを支えてきたという事実があるのです。

スポンサーリンク